FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

投資信託~レアメタルとは

みなさん最近レアメタルという言葉をテレビや雑誌でよく目にしませんか?レアメタルとはその名の通りレアなメタル、つまり希少な金属です。このレアメタルの種類は31種とされており、どれも価値が非常に高いものばかりです。プラチナなどもレアメタルにあたります。このレアメタルの価値は現在価値が急騰しているのですが、これにはもちろん原因があります。現代の生活必需品といっていい携帯電話や車、家電といったものに少なからずこのレアメタルが使われているのです。携帯電話を高価買取しているのもこのレアメタルを回収するためと言われています。日本はレアメタルがほとんど取れない資源のない国とされていますが、使わなくなった携帯電話やパソコンなどのレアメタルが多く眠っているそうです。

投資信託はプロが投資をかわりにしてくれますが、レアメタル関係の非鉄金属の企業に投資するケースも多いそうです。JASDAQなどに上場する非鉄金属の新興企業も投資を受けているようです。このようなレアメタルの高騰はファンダメンタルズ分析で読むことができたかもしれません。これからも携帯電話やパソコンは生産されていくわけですから、レアメタルの価値はしばらく下がらないのかもしれませんね。もし有用な資源がみつかればまたレアメタルの価値も変わっていくでしょう。

話は変わりますが北朝鮮には多くのレアメタルが眠っているようですよ。レアメタルも有効利用することが難しいと、ただの石ころですよね。

投資信託用語解説~その3

投資信託の選び方として、様々な情報収集を行う場合、金融用語や専門用語の意味は知っておいた方がスムーズに読み進めることが出来ます。初心者の方にも興味があるであろう投資信託用語をご紹介していきましょう。ちなみにFXスワップが投資信託だと思っている人がいるようですが、これは間違いです。

<投資信託の選び方|ファンドオブファンズ(Fund of funds)>
運用機関が、複数の投資信託を組み合わせて、一つの投資信託にまとめたもののこと。メリットとしては、性格の違う投資信託を多数組み合わせることで、より広範囲な分散によるリスク低減と、付加価値のある投資信託を組み合わせることでより魅力的になることが挙げられます。

<投資信託の選び方|ライフスタイルファンド>
人それぞれのライフプランに応じて合理的に選択できる投資信託のこと。高リスクの株式ファンド、低リスクの債券ファンドやリスクのない短資などを異なる比率で組み合わせて、低リスク安定型、中リスク型、高リスク成長型といった具合にパッケージングを行って販売されます。

<投資信託の選び方|アセットアロケーション>
投資信託の投資目的等をもとに、投資環境や投資対象の分析を行った上で、国内外の株式や債券、短期金融商品など様々な資産に適切に配分すること。

<投資信託の選び方|オルタナティブ投資>
従来からある株式や債券以外の金融商品に投資する運用手法のこと。投資信託では、株式や債券以外の様々な商品を組み合わせることによって、市況環境によらず投資元本より高い利益をあげることを目指した商品のこと。

いろいろと難しいですが、FXのスワップ運用をやっていた人であれば、すぐに理解はできるのではないでしょうか?(私の投資暦はFXスワップ運用から入って、投信にきています。)

投資信託の選び方~FXとは?

前回の「外国為替とは?」に続いて、為替つながりということでFX(外国為替証拠金取引)についてご紹介しておきましょう。資産運用の選び方としては、投資信託と同じく入門編として人気があります。株式投資や外貨預金に比べて、少額資金から始められるのも投資信託と同様です。

[資産運用の選び方|FXとは?]
日本円を売って米ドルや欧州ユーロを買うなど、異なる二つの通貨の外国通貨を売買する取引のこと。
最近では、豪ドル、NZドル、南アフリカランドなどマイナーな通貨の取引も可能となっています。FXは1000通貨からでも取引可能です。

[資産運用の選び方|証拠金取引とは?]
総取引代金の数%程度の少額の証拠金で、より大きな取引を行うことができます。実際の資金以上の取引が可能なので、儲けも大きくなる分、損失も大きくなる特徴があります。

[資産運用の選び方|取引方法は?]
その取引方法は株式投資と同じです。
成行(なりゆき)注文そして、指値(さしね)注文、買いだけでなく売りからも可能です。
最近では、電話だけでなく、インターネットからオンラインで24時間取引可能で、自分の好きな時間に取引が出来ることでも人気となっています。

[資産運用の選び方|FXのスワップ]
FXでは、為替差益を狙う以外にも二国間の金利差を利用したFXスワップポイントを狙う手法もあります。

[資産運用の選び方|手数料は?]
一般的な外貨取引である外貨預金や外貨MMFなどでは、ドル建てで50銭から1円の為替手数料がかかりますが、FXの手数料の多くは片道10銭程度と安いのも魅力です。

投資信託の選び方~外国為替とは?

海外ファンドの選び方として、今回は基本知識を学んでおきましょう。外国為替とは何かを学んでおかないと、海外投資は難しくなってしまいます。今回の海外ファンドの選び方は、株の初心者や、外国為替の初心者の方にも分かりやすい、為替の基礎です。

[海外ファンドの選び方|為替とは?]
『為替(かわせ)』とは、為替手形や小切手、銀行振込、郵便為替などの現金の輸送を伴わない決済方法のことを指します。現金を直接送付する際に生じるリスクを避けることを目的として使用されることの多い決済方法のこと。日本では、江戸時代の上方(大阪)を中心に為替による取引が発達、当時の世界の中では最も優れた送金システムを築き上げていたと云われています。現在ではFXとして浸透しています。FXは1000通貨からの小額からでも取引可能なのがブレイクの一因となっています。気になる人は「FX小額」でネット検索してみるといいでしょう。

[海外ファンドの選び方|外国為替とは?]
外国為替は、通貨がそれぞれの国で異なる国際間の貸借関係を、現金を直接輸送しないで、決済をする方法です。
その方法は、為替手形や送金小切手などの方法がありjます。また、通貨の異なる二国間のお金を交換することを外国為替と言います。

[海外ファンドの選び方|海外に投資する際の注意点]
海外ファンドには、リスクが高いかわりにリターンの高い魅力的な商品が数多く存在しますが、基本的にそういった商品は基軸通貨である米ドルで運用されています。つまり、日本円では買えないわけです。購入に際しては、海外口座開設などの手順を踏み、日本円を外貨に換えて購入する必要がありますが、その際に外国為替の知識が必要となるわけです。

投資信託の選び方~オフショア投資の選び方

今回から数回に渡って、『オフショア投資』の選び方についてまとめていきたいと思います。オフショアとは、外国の投資家や企業の資産管理を受け入れてくれる金融機関や市場などのことを指し、多くの場合「タックス・ヘイヴン」とも呼ばれています。タックスヘイブンというのは租税回避地という意味になっています。

世界中の金融機関や優秀なファンドマネージャーが、金融優遇措置と運用の自由度からオフショアに集まり、ファンド等を設立しています。こうした海外ファンドを利用して資産運用を図るのが「オフショア投資」と呼ばれるものです。

[投資信託の選び方|海外ファンドの特徴]
日本の投資信託は、主に国内の株式、債券など伝統的な資産クラスを投資対象としており、ロング(買い持ち)のみの手法でアプローチする商品が主流です。

オフショアの場合は、インデックスを上回るミューチュアル・ファンドや、ヘッジファンド、コモディティファンド、REITなど、ハイリスク・ハイリターンのファンドから安定的なファンドまで、様々な投資対象、手法を用いた魅力的な運用商品が数多く存在するので選び方もイロイロと工夫することが可能です。

個人投資家も、自己責任の上で直接オフショアへ投資することで豊富な選び方の中から、国際標準のポートフォリオを作成することが可能となっています。こうした海外ファンドの購入のためには、まずは外国為替の初心者の方も、為替の基礎を学んで海外投資の勉強をしていきましょう。国内商品にはない魅力的な商品が選び方に加わるはずです。

投資信託の選び方~目論見書

投資信託の選び方の基本として、しっかりとした情報収集が挙げられます。投資において「無知」は、最も罪なことだと言えるでしょう。選び方の基本は、しっかりとした情報収集と数字に基づいた判断です。

そこで今回の投資信託の選び方は「目論見書(もくろみしょ)」についてまとめていきたいと思います。

[投資信託の選び方|目論見書]
目論見所というのは有価証券や投資信託などを売ったり、募集するときに配布されるものです。いうなれば説明書のようなものになります。
投資信託を購入した場合には必ずもらえるものですが、販売する業者は必ず購入者に渡すことが義務付けられています。また、個々の投資信託の情報がきちんと網羅して盛り込まれているため、購入前の情報収集にも欠かせないものとなっています。

この目論見書を入手するためには、証券会社や銀行で手に入れることがでいます。今では証券会社もインターネットでホームページを作成してるところも多いので、そこで契約を行えばインターネットでも読めることが可能な商品というのもあります。

目論見書の情報は適宜修正・更新が行われますから、投資信託での資産運用を考えるなら、最新の目論見書を取り寄せて、内容を確認することが重要です。

[投資信託の選び方|目論見書の中味]
投資信託の目論見書は、第一部証券情報と第二部のファンド情報という二部構成になっています。第一部では、発行数、価格、手数料、売買単位、取扱会社など募集に関わる情報が掲載されています。また、第二部では、ファンドの投資方針、リスク、投資対象、運用状況、収益分配、信託報酬など詳しい情報が掲載されています。

投資信託用語解説~その2

前回に引き続いて、投資信託の選び方に関わる用語解説を行っていきましょう。一口に投資信託といっても、様々な種類の投資信託があります。

<投資信託の選び方|マネー・マネジメント・ファンド(MMF)>
公社債(国債や地方債など)や短期金融商品で運用される追加型公社債投資信託のこと。株式を全く組み入れないため、リスクが低いのが特徴です。1円以上1 円単位での購入が可能で、収益は毎日計算されて1ヶ月まとめて再投資されます。

<投資信託の選び方|マネー・リザーブ・ファンド(MRF)>
証券総合口座用に導入された投資信託のこと。銀行の普通預金のような役割を果たし、高格付けの公社債や短期金融商品で運用するため、流動性・安全性ともに高いのが特徴です。いつでも手数料なしで換金できるのも特徴です。

<投資信託の選び方|上場投資信託(ETF)>
日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など特定の指数に連動する運用を目指すインデックス型投資信託のひとつ。証券取引所に上場され、株式と同じように市場で売買でき、指値注文、成行注文も可能なのが特徴です。

<投資信託の選び方|中期国債ファンド>
中期国債をおもに組み入れた追加型公社債投信のひとつ。株式を一切組み入れないため、リスクが低いのが特徴。

<投資信託の選び方|不動産投資信託(REIT)>
投資家から集めた資金を不動産で運用、そしてその不動産からの売却益だったり賃貸収入などを投資家に配当金として分配する投資信託。不動産へ少額から投資できるのが特徴です。

投資信託用語解説~その1

投資信託を始めるに際しては、選び方も何も「専門用語」や「金融用語」を知らなければダメです。投資信託に関わる用語を開設していきましょう。

<投資信託の選び方|目論見書(もくろみしょ)>
投資信託などの有価証券を売り出すとなった時、投資家が正確な投資判断ができるように、基本的な商品内容を記したものです。投資信託の目論見書には、投資方針や投資リスク、ファンドの特徴や、申込・換金手続き、手数料および税金などといった情報を網羅することが義務付けられているのです。

<投資信託の選び方|ポートフォリオ(portfolio)>
保有している様々な種類の金融商品の組み合わせや資産構成のこと。預貯金や国内外の株式、債券など資産を組み合わせること。そもそもは目録という意味から転じた。

<投資信託の選び方|パフォーマンス(performance)>
パフォーマンスとは、“投資成果”のことです。投資のパフォーマンスというのは、どれだけの収益が一定期間に上げられたかで示されるのです。

<投資信託の選び方|インデックス(index)>
インデックスとは市場全体の動きを示す指標や指数のことです。日本株のインデックスの代表は、日経平均やTOPIX。外国株の場合には、米国株のナスダック、NYダウ、他にも、英国株のFT100だとか、香港株のハンセン指数なども有名です。インデックスは資産運用の際のベンチマークにも使用されます。

<投資信託の選び方|ベンチマーク(benchmark)>
運用の指標となる指数で、投資信託(ファンド)の優劣を判断する基準となるもの。日本株に投資するファンドの場合は、TOPIX(東証株価指数)や日経平均株価などが採用されます。

投資信託の選び方~その1

投資信託を選び方の基本は運用期間です。投資信託にはMMF(マネー・マネジメント・ファンド)など短期向けの商品もありますが、基本的に長期的な資産形成を目指すために設計されています。

選び方の基本と言えば、『目論見書(投資信託の説明書)』でその商品の内容をしっかりと理解して、購入するというのがポイント。目論見書というのは数十ページにわたっているので、全てを読みこなすのは大変なものですが、最近では随分とわかりやすくなってきています。また、投資信託を販売する金融機関ではお客様が理解できるように説明することが義務付けられているので、わからないことは遠慮なく質問しましょう。

また、ネットで購入している場合は、当然自ら読んで理解しなければいけません。これがネットの場合だと、手数料が安いということも多くて、更に自宅にいながら投資ができるという便利さがあります。ですが、専門用語はしっかりと勉強しなくてはいけないでしょう。

一般的に、目論見書の最初のほうでファンドの概要が説明されているので、ここで概略をつかみ、それから詳細について該当箇所をチェックするようにします。特に選び方で重要なのは、ファンドの運用方針や特色、投資対象とリスク、分配方法、換金に関すること、手数料・税金などのコストです。また、追加型ファンドについては、運用状況が目論見書に載っているファンドが多いのできちんとチェックしておきましょう。

最近はコールセンターを設けている証券会社も多くなったので、興味のあるファンドの目論見書を読んでわからないところがあれば問い合わせてみましょう。

投資信託の選び方~投資信託の種類

少額から始められて、金融知識もあまり必要としない投資信託は資産運用の選び方では初級者にもおすすめの商品です。選び方については、種類も豊富にあるので迷ってしまうこともあります。そこで今回は、投資信託の選び方として、投資信託の種類をご紹介しようと思います。

投資信託には大きく分けて、『株式投資信託』と『公社債投資信託』があります。

[投資信託の選び方|株式投資信託]
株式投資信託は、株式を組入れることができる投資信託のこと。国内株式の国内型、海外株式の国債型、両者を組み合わせたバランス型があります。

[投資信託の選び方|公社債投資信託]
公社債投資信託は、株式を一切組入れず、公社債を主に運用される投資信託のことです。マネー・マネジメント・ファンド(MMF)、マネー・リザーブ・ファンド(MRF)、中期国債ファンド、短期公社債投信、長期公社債投信などの総称です。

[投資信託の選び方|単位型と追加型]
「単位型投資信託」は、募集期間が決まっていてそのときでないと購入できない投資信託のことで、「追加型投資信託」は、いつでも購入・解約できる商品のこと。追加型は英語で「オープン」とも言われます。

[投資信託の選び方|インデックス型とアクティブ型]
アクティブ型とは、ベンチマークに勝つようにファンドマネージャー等が運用を頑張るタイプ。インデックス型というのは、ベンチマーク(経済指標)と連動させるように運用するというものです。この1番大変な運用に手間が掛からないので、信託報酬などの手数料が安いのが魅力だと思います。信託報酬等の手数料はインデックス型よりも高くなる傾向があります。

次ページへ »
経済